2022年3月18日金曜日

 11-9回森林ボランティア育成講座(R4.3.12

 

間伐・ベンチづくり講座閉講式

管理人

 

11期生の皆さんお疲れ様でした。

今期の受講生の皆さんには、自然災害コロナ禍での日程となり森林に対する熱い思いを翻弄されながら合わせて忍耐が求められた講座日程となってしまいました。

自然の中で、厳しさと優しさを体感されことと拝察します。特に、杉並区の地域大学学長はじめ皆さんには、遠路にもめげない思いをいただき、活動への追い風を感じると共に大きな励みになりました。今後の運営に役立てたいと感じております 

閉講式に当たり受講生の感想を以下掲載させていただきます。


・丸太のベンチ作りは楽しかったです。足元が不安定で大変でした。モノができあがるのは楽しいです。一年間ありがとうございました。

 

・間伐に関連する作業(倒木、地ならし、もやい結び等々)の復習ができてよかった。ある程度、頭に残ることができたのではないかと思う。

 

・3度目の伐倒で木の倒れる音に感動しています。森林の色々な話を聞く中で、色々な思いが生まれてきます。この会に参加できて良かったです。

 

・今回も天気にめぐまれた中、作業することが出来た。間伐した木の搬出に苦労があったが、その分、先生たちの色々な対応を見ることが出来て勉強になりました。約1年間の講習とても楽しかったです。ありがとうございました。

 

・間伐をたのしくできました。ありがとうございます。

 


・一年を通して色々な普段できない経験をさせていただき、準備をしていただいた皆様に感謝申し上げます。森への意識を変えることができ、子供たちにも伝えていきたいです。

 

・振り返れば、あっという間に最終回になりましたね。当初はどうなるかと思っていましたが、無事全回出席できて良かったです。やはり現場で体を動かしてみないと分からない事、苦労がいっぱいありますね。今日の作業も充実していました。

 

・太いヒノキ1本を切りました。なかなか大変でしたが、皆で力を合わせ無事搬出出来ました。楽しい講義でした。

 

・選定からベンチまで全体を通して実施。どの木を選ぶかが重要→倒す方向を考えて選ぶ。ベンチにするために皮むきを実施→今回はうまくできた。今までの全体を振り返ることが出来た。

 


・3回目の間伐作業でしたが、まだまだ作業手順を覚えていません。講習を通して感じたことは、森に親しむことが出来、身近に接することが出来るようになったことです。森林の重要性を理解できました。講師の皆さんのおかげです。ありがとうございました。

 

・一年間ありがとうございました。もう一年ボランティアができたらと思っています。山で活動でき、色々教えていただき感謝です。

 

結びに、森林に対する皆様の思いが、それぞれのライフワ-クに生かされることを祈念しております。

2022年3月3日木曜日

11-8回森林ボランティア育成講座(R4.2.26あまがさすの森)

除伐・間伐・植林講座

管理人

予定していた栗平の市有林地へ通じる林道が、1/6.2/10の残雪の為危険と判断し、「あまがさすの森」に会場を移し実施された。

植林の様子
ここは、会員の所有山林で「身近な森を活用する会」のホームグランドで幼稚園、保育園、小学生等も利用しやすく公道から近距離で比較的に緩やかな斜面の山林である。






設置されているバイオトイレ
 おまけに、成木小学校の駐車場、トイレも準備次第で利用できる好条件の研修会場である。

受講生にとっては経済林というよりは環境林として学ぶ機会となった。
道具の手入れ


2022年1月20日木曜日


11-第7回森林ボランティア育成講座R4.1.8小沢の森)

除伐・枝打ち(デモ)・木工作業講座 

 

管理人

 前日の雪で予定されていた黒仁田市有林会場(小曽木)への林道が危険なため、成木の小沢の森に会場(活動拠点成木の森)を移し実施された。

945活動拠点「成木の森」に到着、トイレ・準備運動済ませ徒歩で現地に向かう。途中の見晴の良い場所で里山風景の説明を受け、搬出間伐のために開設された作業道をたどりいよいよ林内の目的地へ進んだ。文字通りの搬出間伐の実践現場視察でもある。

途中手入れされた森林とそうでない森林の対比を感じながら10時過ぎ現地に到着し息を整えた頃、スタッフから作業の説明を受けた。作業を安全に進めるための立ち枯れを主体とする切捨て間伐の作業指示がある。因みに林齢が45年生であり除伐(幼齢林対象)にしては林齢が高い。

限られた時間での作業を終了し、神棒会員による枝打ちの妙技を見上げながら枝打ちの説明を受ける。元来、無節の柱の生産を主目的にしていたが住宅事情の変化と共に和室が減り、見える柱さえない状況では枝打ちの意欲も想像できる。しかし、光が林床により取り入れるためと良質材生産のための枝打ちに変わりはない。

以下、受講生の感想を掲載します。 

良い天気の中、間伐、枝打ち(見学)、椅子つくりを行った。大変楽しい時を過ごしました。

降雪前里山風景
伐採を行った。いつも山登りで見ている山が林業等の皆様の手で守られていることを感じました。とても良い経験となりました。

「森は命の源」心に響きました。

黒仁田での枝打ちはできなくて残念でしたが、中島邸での椅子づくりは苦労したけれど楽しかったです。

色々体験でき学べて、参加した甲斐がありますね。

黒仁田での枝打ちはできなくて残念でしたが、中島邸での椅子づくりは苦労したけれど楽しかったです。

色々体験でき学べて、参加した甲斐がありますね。


黒仁田での枝打ちはできなくて残念でしたが、中島邸での椅子づくりは苦労したけれど楽しかったです。

色々体験でき学べて、参加した甲斐がありますね。

除伐作業はほぼ平地で行えたので、間伐時と比べると格段にやりやすかった。午後の木工作業は完了できなかったので残念でした。

楽しく林業を勉強できました。

子供に林業のことを教えたくとも、教える側の大人がそもそも林業を知らないという現実がある。里山がある、裏山があるというのは一つのあこがれがありますが、管理は大変であるので難しそうである。

除伐(枯れた立木の伐採) 木の選定の見方は考え方が重要。何を残すために、どの木を切るかを見極める。木工作業(スツール作成) 道具の使い方がいろいろあることが発
見。いろいろ作業できて面白かった。自分の作ったスツールは満足。

厳寒の中お疲れ様でした。