2022年3月18日金曜日

 11-9回森林ボランティア育成講座(R4.3.12

 

間伐・ベンチづくり講座閉講式

管理人

 

11期生の皆さんお疲れ様でした。

今期の受講生の皆さんには、自然災害コロナ禍での日程となり森林に対する熱い思いを翻弄されながら合わせて忍耐が求められた講座日程となってしまいました。

自然の中で、厳しさと優しさを体感されことと拝察します。特に、杉並区の地域大学学長はじめ皆さんには、遠路にもめげない思いをいただき、活動への追い風を感じると共に大きな励みになりました。今後の運営に役立てたいと感じております 

閉講式に当たり受講生の感想を以下掲載させていただきます。


・丸太のベンチ作りは楽しかったです。足元が不安定で大変でした。モノができあがるのは楽しいです。一年間ありがとうございました。

 

・間伐に関連する作業(倒木、地ならし、もやい結び等々)の復習ができてよかった。ある程度、頭に残ることができたのではないかと思う。

 

・3度目の伐倒で木の倒れる音に感動しています。森林の色々な話を聞く中で、色々な思いが生まれてきます。この会に参加できて良かったです。

 

・今回も天気にめぐまれた中、作業することが出来た。間伐した木の搬出に苦労があったが、その分、先生たちの色々な対応を見ることが出来て勉強になりました。約1年間の講習とても楽しかったです。ありがとうございました。

 

・間伐をたのしくできました。ありがとうございます。

 


・一年を通して色々な普段できない経験をさせていただき、準備をしていただいた皆様に感謝申し上げます。森への意識を変えることができ、子供たちにも伝えていきたいです。

 

・振り返れば、あっという間に最終回になりましたね。当初はどうなるかと思っていましたが、無事全回出席できて良かったです。やはり現場で体を動かしてみないと分からない事、苦労がいっぱいありますね。今日の作業も充実していました。

 

・太いヒノキ1本を切りました。なかなか大変でしたが、皆で力を合わせ無事搬出出来ました。楽しい講義でした。

 

・選定からベンチまで全体を通して実施。どの木を選ぶかが重要→倒す方向を考えて選ぶ。ベンチにするために皮むきを実施→今回はうまくできた。今までの全体を振り返ることが出来た。

 


・3回目の間伐作業でしたが、まだまだ作業手順を覚えていません。講習を通して感じたことは、森に親しむことが出来、身近に接することが出来るようになったことです。森林の重要性を理解できました。講師の皆さんのおかげです。ありがとうございました。

 

・一年間ありがとうございました。もう一年ボランティアができたらと思っています。山で活動でき、色々教えていただき感謝です。

 

結びに、森林に対する皆様の思いが、それぞれのライフワ-クに生かされることを祈念しております。

2022年3月3日木曜日

11-8回森林ボランティア育成講座(R4.2.26あまがさすの森)

除伐・間伐・植林講座

管理人

予定していた栗平の市有林地へ通じる林道が、1/6.2/10の残雪の為危険と判断し、「あまがさすの森」に会場を移し実施された。

植林の様子
ここは、会員の所有山林で「身近な森を活用する会」のホームグランドで幼稚園、保育園、小学生等も利用しやすく公道から近距離で比較的に緩やかな斜面の山林である。






設置されているバイオトイレ
 おまけに、成木小学校の駐車場、トイレも準備次第で利用できる好条件の研修会場である。

受講生にとっては経済林というよりは環境林として学ぶ機会となった。
道具の手入れ


2022年1月20日木曜日


11-第7回森林ボランティア育成講座R4.1.8小沢の森)

除伐・枝打ち(デモ)・木工作業講座 

 

管理人

 前日の雪で予定されていた黒仁田市有林会場(小曽木)への林道が危険なため、成木の小沢の森に会場(活動拠点成木の森)を移し実施された。

945活動拠点「成木の森」に到着、トイレ・準備運動済ませ徒歩で現地に向かう。途中の見晴の良い場所で里山風景の説明を受け、搬出間伐のために開設された作業道をたどりいよいよ林内の目的地へ進んだ。文字通りの搬出間伐の実践現場視察でもある。

途中手入れされた森林とそうでない森林の対比を感じながら10時過ぎ現地に到着し息を整えた頃、スタッフから作業の説明を受けた。作業を安全に進めるための立ち枯れを主体とする切捨て間伐の作業指示がある。因みに林齢が45年生であり除伐(幼齢林対象)にしては林齢が高い。

限られた時間での作業を終了し、神棒会員による枝打ちの妙技を見上げながら枝打ちの説明を受ける。元来、無節の柱の生産を主目的にしていたが住宅事情の変化と共に和室が減り、見える柱さえない状況では枝打ちの意欲も想像できる。しかし、光が林床により取り入れるためと良質材生産のための枝打ちに変わりはない。

以下、受講生の感想を掲載します。 

良い天気の中、間伐、枝打ち(見学)、椅子つくりを行った。大変楽しい時を過ごしました。

降雪前里山風景
伐採を行った。いつも山登りで見ている山が林業等の皆様の手で守られていることを感じました。とても良い経験となりました。

「森は命の源」心に響きました。

黒仁田での枝打ちはできなくて残念でしたが、中島邸での椅子づくりは苦労したけれど楽しかったです。

色々体験でき学べて、参加した甲斐がありますね。

黒仁田での枝打ちはできなくて残念でしたが、中島邸での椅子づくりは苦労したけれど楽しかったです。

色々体験でき学べて、参加した甲斐がありますね。


黒仁田での枝打ちはできなくて残念でしたが、中島邸での椅子づくりは苦労したけれど楽しかったです。

色々体験でき学べて、参加した甲斐がありますね。

除伐作業はほぼ平地で行えたので、間伐時と比べると格段にやりやすかった。午後の木工作業は完了できなかったので残念でした。

楽しく林業を勉強できました。

子供に林業のことを教えたくとも、教える側の大人がそもそも林業を知らないという現実がある。里山がある、裏山があるというのは一つのあこがれがありますが、管理は大変であるので難しそうである。

除伐(枯れた立木の伐採) 木の選定の見方は考え方が重要。何を残すために、どの木を切るかを見極める。木工作業(スツール作成) 道具の使い方がいろいろあることが発
見。いろいろ作業できて面白かった。自分の作ったスツールは満足。

厳寒の中お疲れ様でした。






2021年12月22日水曜日

 6回『ボランティア育成講座』R3.12.11

・・・間伐・搬出・ベンチづくり・・・

 

管理人

 21世紀のキ-ワ-ドは、希望の共有、多様との共生、変革と勇気、持続可能性、安全と安心に集約される感が在ります。

今回の講座は、環境装置としての森林を元気にするための間伐、そこで生産された木材を搬出してベンチとして有効活用します。

温暖化対策として希望を共有、多様な動植物等との共生、森林循環の持続可能性へ通じる貴重な各作業でもあります。


以下受講生の感想を掲載します。

チェンソーでやれば早いが、人力で伐ろうとすると時間がかかり、運ぶにも危険が伴うことを痛感した。

*本日も疲れましたが、間伐では自分で倒木候補を選定して、ロープや滑車のかけ方を自分で考えてやれたのはよかったと思います。

*皮むきは思っていたよりも木のことをよく知ることができたし楽しかった。ぜひ、春にもしてみたい。

*間伐はいつも感激です。初めてベンチ作りをしました。木の皮はぎも生まれて初めてで、私もできるんだと思いました。家族に見せたい。

*間伐作業を実際に経験できとてもよかった。また、ベンチ作りも大変手間のかかる作業だと知ることができました。ありがとうございました。

*間伐、ベンチ作り、楽しく過ごせた。

*皮はぎはとても疲れました。どこまでやれば良いのか分からず、大変でしたが、木の水分が出てくることに驚きました。前回に比べてノコギリの使い方が上手になった気がします。

*生木(ヒノキ)を伐った。大変だったが、良い経験ができました。木の皮を剥くことも初めてできた。大変良い経験ができました。

*ベンチの成果物ができたので、やった感が出る。寒くなっているので、着物の調整が難しくなった。

*間伐は2回目になるが、ノコギリの使用についてはまだまだ学ぶ必要あり。指摘のポイントを次回に生かしたい。天候が良くて助かりました。

*前回以上に体力作業になると最初に言われたので、どうなるかと思いましたが、伐採した木を加工する(皮むき等)する過程が普段やる機会がないので楽しくやることができました。

*天気も良く、楽しく作業できました。伐った木がベンチとして活用されること、良かったと思います。

*遅れての参加でしたが、気持ちの良い冬空の下で作業ができて良かったです。なかなか参加できていませんが、残りの数回で学べることは色々と学ばせていただきたいと思います。

2021年11月22日月曜日

 5『ボランティア育成講座』R3.11.13

・・・間伐と道づくり・・・

管理人

講座5回目にしてようやく「間伐と道づくり」が実施できました。

間伐は、一般的には立ち枯れ、病虫害木、雪・風の被害木、等用途に不向きな劣性木間伐が主流だが良質材中心の優良木間伐とに分けられる。この辺では両方法とも「抜き伐り」と呼ばれた作業である。昭和40年代頃までは「抜き伐り」が林家の家計を支えた作業で、森林の手入れも合わせて出来た時代もあったが、今も昔も日の光を林床に適正に取り入れる大切な作業であることに違いは無い。

道づくりは、車から山の現場まで安全に通ったり、木材搬出にも利用できる大事な投資であり、道幅を拡げれば収穫林業も夢ではない。

 

以下受講生の感想を掲載



*倒木は山の状況をよく見て臨機応変の対応が必要なことがよく判りました。

*講師の方の指導の元、自分達で考えながら作業をする事ができました。貴重な体験をする事ができ大変でしたが良い経験になりました。

*間伐を生まれて初めて体験しました。道作りでは階段も作り自分がまさかそれを自分ができるとは!!

*間伐、道作りの重要なことがわかりました。

*間伐は思ったよりも手で切ると大変ではあったが倒れる木は細くても危険である事を認識した。林業についてもより深く考える機会を得た。

*良い天気の中、初めて木を切る作業を行った。とても感動しました。

*間伐、道作りは目に成果が見えるので、やりがいがあった。この作業を1.2回目の講習であると参加率は高くなると思う。

 *間伐は、自分で倒す木を選べるようになりたいと思いました。道作りはハンマーが重すぎました。練習が必要だと感じました。

*木を切り倒し、倒した木(丸太)で林道脇のフチに放置する作業をやりました。道作りとは聞いていましたが、ここまでやるとは思っておらず、中々しんどかったです。でもこの様な補修作業は不可欠なものなのでその重要性を身を持って味わう有意義な時間でした。

*人力での間伐は時間がかかり大変であると感じた。間伐しても価値にならず、価値にならないから間伐も進まないという負の連鎖の為、良い方向になれば良いが、どうなることやら。

*間伐・枯れた木と生えている木の違いで力の差がわかった。・急斜面での作業は注意が必要。道作り・現場での工夫が必要。最初のプラン通りにはいかない。・道具の使い方はとても勉強になった。

 

結び

間伐作業の現状は、多くが伐り捨て間伐で実施されており投資資金の回収どころではない。身近な山林現場の皆伐地が気になるが全て入札業者の仕事であり、林道沿い、高林齢、数町歩(ha)まとまった場所で実施されているが育林費用の持続性が問われている。

2021年11月10日水曜日

 4『ボランティア育成講座』R3.10.30

・・・木材の流通現場見学・・・

管理人

この業界は、木の文化に支えられ、明治初期ごろから本格的な針葉樹の人工林化が加わり森林循環が守られて来ました。

しかし、化石資源の出現で社会は大きく変化し、便利さの限界を超えてしまい地球温暖化という人類の存亡にかかわる問題を突き付けられている環境にあります。

また、見学の中で木材のコストから流通を見ると、立木を無償で仕入れて成り立っている複雑な状況が浮かび上がってきます。

今回は、一般の方々には接する機会がない流通現場の見学で感想にあるように人気の見学講座です。受講生の意識の高さが感想に現れています。  

以下掲載します。

 

・山林から木材センター、製材所、多摩産材を使った家の見学など、普段は見られない場所を見ることができ、貴重な体験となった。太い木材や長年成長した木でも、高い価値がつかないなど、コストがかかるのに価値がつきにくいのは残念である。                      

                           

・木の上流から下流までの現場を知ることができた。どこでも食害の話が出て、ウッドショックの話が出たのは大きな課題となっている事を理解できた。色々と考えさせられた1日でした。多摩の木の家はとても良かったです。                          

                           

・森林から利用まで木材の一連の流れを見学させていただきました。戦後、拡大造林によるある種国策による罪を現代に生きる私達がなんらかの形で償っていく義務がある様に感じました。様々な問題の中で自分に出来る事をやればよいと思います。                

                           

・個人では見学できないような所を見る事ができ良かった。森林を整備する意味を今までより理解でき、イメージが付いた。                    

                           

・生物多様性保全について理解出来た。また森林を保全するために課題が多いことがわかった。特に林業を業として行くために対策が急務だと思う。                      

・西多摩地区の林業関係の一連の流れを見させて頂いた。植林、伐採、製材、加工、住宅等使用が同地区で行われていることを知り、ぜひ今後再生発展をしてほしいと思いました。                        

・各見学地で説明をしていただいて、より深くそれぞれの意義を理解することができてよかったです。ただ、話をきくだけでメモを取れなかったり、周りの音で声が聞こえなかったりすることもあったので、資料をあわせて用意いただけるともっとよかったのではないかと思います。                       


・木材にまつわる事を生のモノを通して知る事が出来、認識が深まると共に興味も増した気がします。自分の実家の近くには以前、製材業者がいくつかあったのですが、今はほとんど廃業し無くなっています。なので何かなつかしさを感じる思いで良かったです。

・木の育成、流通、製材等わかりました。                       

                           

・原木から木材までの流れが理解でき、ビジネスや森林保護の難しさが分かった。将来の子供たちの為にもボランティア等でのサポートが必要であろう。       


 

2021年10月23日土曜日

3『ボランティア育成講座』R3.10.9

・・・下刈り・・・

管理人 

 コロナ禍で12期生の受講生方は2回目が中止の後、講座日程に翻弄されながら3回目の講座にようやくこぎ着けられました。 今日は、植林された苗が蔓や雑草に負けないように、元気に成長ができるための環境づくりの作業です。人に例えれば、保育園、幼稚園で生活のリズムを刻みながら体力づくりや五感を磨く環境にあります。
 これから針葉樹林の森林づくりの場合は、50年、100年先の社会の期待に沿えることを願いながら小学校(下刈り・雪起し)、中学校(除伐・根払い)、高校等成長(枝打ち・間伐)に合わせた作業が待っております。
 

以下、受講生の下刈り体験の感想を掲載します。お疲れ様でした。

・下がりについては、斜面での作業についてどうしているのかが理解できた。急斜面になると大変だし、やはりこまめに刈っておく必要があるのだと思った。                             

                                   

・初参加しました。下草刈り大変楽しかったです。食後に公園を案内していただき、ならの木の害虫の事や森の大切さを学びました。とても有意義な時間でした。ありがとうございました。                                         

                                         

・勉強になりました。                                  

                                         

・初めて長いカマを使って下刈りをしました。良い運動になるとともに、わずかですが山の手入れをすることが出来てとても気持ちが良かったです。                                  

                                         

・長いカマを使ったのは初めてでした。よい汗をかけて良かったです。来年は主人や子供も参加できればと思っています。この場所は散歩コースでよく使わせていただいています。                                         

                                         

・下刈りは体力が必要な作業でした。午前中に終了できたのは良かった。ハイキングコース内の森の説明は全てを理解できてはないが、大変良かった。今度も話を聞きたい。コナラの話はとても興味深かった。                                      

                                         

・無理のないスケジュールで楽しくできた。下刈りはやはりキツイですね。次回楽しみにしています。                                  

                                         

・7月依頼の受講で天候も涼しめで良かったですが、下刈作業はしんどかったです。他の参加者とも色々お話しが出来、交流も深められ、充実した時間を過ごせました。次回も楽しみです。                               

                                         

・疲れました。もう少し座学をふやしてもらえるとありがたい。