2020年11月24日火曜日

 
 
『間伐と搬出作業』

 

10期生(第5回)森林ボランティア育成講座(R2.11.14

 

 今回は、講座に初の搬出作業が加わり、自力による搬出方法として「カンズリ(トチビキ)」を体験していただきました。

選木され間伐された立木を用材の長さに玉切りし、丸太は急傾斜地を利用し「鳶」によって落とされ、作業路を利用し、当地域で呼ばれている「カンズリ」によって土場(集積場)まで搬出されました。    集積された丸太はベンチ用材に加工され、休憩所に各班の力作が展示設置されました。

受講生は初の間伐体験でもあり、植林され育てられた立木を伐採、搬出、利用するまでの本来の循環の仕組みを実体験していただきました。

管理人

 

以下受講生の感想です。

 

・本格的な山仕事の作業(特に間伐)を経験でき貴重な体験でした。
講師の丁寧な説明で勉強になりました。ありがとうございました。

 

・体力が必要で疲れました。木を倒す方向が困難であり、何度も確認作業が必要であることを痛感した。

 

・天気もよく、つつがなく終えることができた。
間伐並びに木の搬出にして学ぶ事ができ実際のボランティア活動にも生かせると感じた。

 

・好天の下、ご親切にご指導いただきました。ありがとうございました。
多くの木の中にある時は細い木をえらんで伐倒しましたが近くで見ると、太く大きな桧でした。


・実際に自分の手で切ると大変ですが重みがあります。搬出は今まで経験がまったくなかったので、大変役に立つ経験でした。また、ベンチのつくり方も勉強になりました。

 

・間伐→搬出 実践できて大変勉強になりました。しっかり方向を見きわめて受口を作りましたが、枝がベンチ作り(なかなか倒れず)、ひっかかり大変でした。しっかり、どっしりしたベンチが出来座りごこちも良かった。

 

・秋晴れの中間伐の実習をしました。リーダーの方の説明で木を見て間伐・ロープをかけて、上に登らすのがとても難しい。午後のベンチ作りは考えもしない作り方であんていのあるやさしいベンチが出来ました。小学生や幼稚園の子ども達がこしかけてくれると嬉しいです。

 

・良い天気の元、今日作業が出来て良かった。もっとやりたかったです。イスも出来上り孫に見せたいです。ありがとうございます。

 

・間伐する木の選別から、倒木方向の決め方など、一連の長れを体験することができ、良い勉強になりました。グループの人数を講師の方々の配分も良くきめ細かく教えていただくことができました。

 

・間伐方法についてていねいに指導していただきました。また搬出作業は大変さを経験させていただきました。

 

・4人一班で、多くの作業を体験できて充実した講座でした水平に切るという基本的なことがとても難しいです。ベンチはなかなかの出来ばえで、よかったです。

 

・ナタの使い方がわかった。


・もう少し伐倒体験したい。

 

・今日は初めて木を倒した。
手順はより理解できたし、木の寿命を考えるともっと倒木を利活用しないといけないと思えた。
イスの製作も楽しかった。ご対応ありがとうございました。

 

・枯れた木も芯が硬く、伐るのが大変だった。
定めた位置に木が倒れた時が気持ち良かった。

 

・きれいにベンチが出来上がったのが良かったです。手作業の大変さがわかりました。

 

・楽しかった。

 

一口メモ

伐採と搬出は高度な技術が必要な作業ですが、搬出は江戸時代からの修羅、木馬そり、簡易なカンズリ、現在の架線、林内作業車へと搬出の方法が進化しており、加えて、特殊な事例としてヘリコプタ-搬出があります。

 

 

 

 

 

2020年10月9日金曜日

 

『下草刈と除伐作業』

10期生(第4回)森林ボランティア育成講座(R2.10.3)
 
        

天候に恵まれ、下草刈と除伐作業が実施することができました。前回は、雨で下草刈作業が流れ、再度の挑戦です。

ここに、受講生の感想を掲載させていただきます。

 

                                                管理人

 

<感想文>

 *山林に入りしっかりとした活動をした日だったが、安全にも気をかけているのが感じた。また、複数の場所をめぐり、それぞれ異なる事を行えたのがよかった。                          

 

*伐倒方向の確認、残す木の種類、ロープの結び方など帰ってから勉強します。

*実施の研修ができて充実の内容でした。何をどう刈るか、倒すか、まだよく分からないものの1つ1つ覚えていけたらうれしいです。 

 

*実際の体験は色々と得るものがありました。下草刈りは、あまり草がなくて、カマも、うまく使うことが出来なかったと思います。やってみると、ナタも、カマも使いづらくけいけんになりました。                        

 

*ご指導ありがとうございました。森林作業の大変さがわかりました。これからの講習に生かしていきたいと思います。 

*3つのコースを体験でき、講師等のご支援もバラエティに豊み、充実した時間でした。道具の使い方については、ていねいに教えていただき、コツを習得でき次回が楽しみです。  

*下草刈り、除伐など実際に体験してみてうまくできませんでしたが、講師の方々がたくさんいたので、きめ細かく教えて頂けて良かったです。一つの林を使用前、使用後がわかるように仕上げてみたいと思います。  

丁度良い気候もあってか山の中で汗をかくのは気分が良い、下草(サカキ等)を刈るだけで景色が違って見え、作業が目に見えた。  

*前回実施できなかったカマによる作業ですが草が少なく残念でした。その他の作業については興味深く楽しくできました。きれいになった山を見ると充実感も感じられよかったです。 

 

*斜面での作業はとても大変でした。足場の確保がむずかしく、疲れました。ナタの使い方が難しい。木をたおす作業はキケンですね。

 

*草刈りの谷、尾根等の体験は楽しかった。切り方のコツを伝授頂き、力を入れずに切れることを実感した。又、木を倒すのを真近で見れてとても良かったです。

 

*天候に恵まれ、実際の作業をすることができて良かった。安全な作業のための注意点を知ることができて良かった。

 

*終日、楽しく作業ができた。刃の研ぎも詳しくおしえていただきためになった。 

 

*面白かった。次回のデモンストレーションを見せていただいた。次回がとても楽しみだ。道具のメンテナンスを詳しく知りたい。

 

*カマ、ナタ、ノコギリの実習、初体験です。歩く道がきれいにもっとしたいです。とても、木の倒し方、分かりやすかったです。

 

*動具の取扱い、草刈り手順が実戦により習得できた。又、実際に作業をやることでより身に付き今後が楽しみなった。

 

*除伐・間伐を体験出来たので良かった。カマでの下草刈りが難しかった。 

 

*前回は雨だったので下草刈りの説明だけであったが、今日は3班に分かれ私は3班目で谷の下草刈りから始めた。カマをといでからスタート、ノコギリ、ナタを使ってどんどんやってみた。スタッフの方からナタ、ノコの使い方を教わり、なるほどと思いました。大きな木を伐栽するのを見学させて頂き、すごいな~と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                     

                           

                        

                           

                  

                           

                                   

                          

                           

                          

                           

                         

                           

                      

                           

                  

             

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                           

 

 

 

 

 

2020年9月19日土曜日

10期生(第3回)森林ボランティア育成講座(R2.9.12)

 生憎の雨の中、「下刈り」講座を「山歩きと木工細工、道具の手入れ」に変更し実施されました。

ここに、受講生の感想を掲載させていただきました。

                                                       管理人                                 

 

・下草刈り出来ず残念でした。荒川の支流がここにあるとは!友人と見に来ます。

・雨の為、プログラム変更。残念だったが、木工とカマの手入れもそれなりに楽しめた。カマの刃研ぎはやり           方を知れて良かった。

・雨だったが、少し鎌を与えてよかった。巣箱作りで、ノコの使い方や木の目、金づちの使い方など多くの事を        学べて充実した時間だった。

・午前中の雨は作業ができず、残念でしたが、お話はとてもおもしろかったです。午後の巣箱づくりは重労働          でした楽しい一日でした。ありがとうございました。

・高山さんのお話がとてもためになりました。木工は久しぶりで楽しかったです。

・森林保護について、色々と説明を受け活動の必要性が理解できた。しかし、まだまだ勉強することを認識               した。

・あいにくの天気でしたが、雨の森散策はあまり経験できないことだったので良かったです。巣箱作りも今後へのつながりがあって設置が楽しみです。

・あいにくの天気で下草刈りの実習ができず残念でしたが鎌の手入れ方法や巣箱作りも楽しくできました。            来月はお天気に恵まれるとよいです。木工作業はつきっきりで教えて頂きありがとうございました。

・普段雨にぬれる事もないので、又、山という特殊な環境下で大変貴重な経験であった。

・雨で作業ができなく非常に残念。雨の中でしたが熱心に説明をいただきありがとうございました。
カマのトギ勉強になりました。切ってみたかった。木工楽しめました。ありがとうございました。

・雨天で下草刈りの実習ができなかったので残念です。しかし巣箱作りやカマの手入れができて勉強になり    ました。

・雨天で何をするのかと思いながら来ましたが下草刈り場所の見学も、巣箱作り、カマのとき方もためになりま   した。

・あいにくの雨でしたが午前午後とも充実していた。昨今の土砂崩れの原因が、森の手入れをしていない事によ  るというお話等興味深く聞かせて頂いた。巣箱作りがとても楽しく、先生のお陰でよく出来ました。

・草刈りの実行は、ほとんど出来なかったが、方法やコツについて理解できた。鳥箱は、久々の工作であまり    上手くできなかったが、楽しかった。

・強い雨という事で草刈りをする予定の場まで行き、悪天候の参考となった。他の作業も楽しめた。

・雨の中ではありましたが森のお話が興味深く、特に雨だったからこそ水はけの工夫や森を整備する必要性    など、とてもわかりやすかったと思います。下草刈りをまたの機会にやりたいです。巣箱作りが、想像以上に    上手くできませんしたが楽しかったです。

 

・下草刈りにすごく興味があったので楽しみにしていましたが大雨の中で説明を伺う事になりました。カマは大   きいし草は丈が高いのでビックリしました。巣箱作りはやさしいアドバイスは十分受けて出来上りました。      すばらしい物が出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『身近かな森林の活用を考える会』進捗状況(3)

【 9/2㈬会議議事録 】         

参加者:21名(ZOOM参加者:1名) 会場:青梅市文化交流センター (開会19:00~  終了21:00 )

 

活動報告

・8/1㈯、21㈮の、あまがさすの森における活動内容報告(谷村)

・8/21㈮の、あまがさすの森における、成木小学校教員研修感想発表 活動に協力していただいた方々のおかげで、先生たちの意識が変わった。 社会、生活、図工など様々な教科での森の活用の可能性を先生たちが感じられた。 ・参考記録動画

・8/1 準備 ➡ https://youtu.be/U1gLa1d0rBo 

・8/21 当日 ➡ https://youtu.be/0UqL77Jh5x0 

コンポストトイレ設置工事 ➡ https://youtu.be/tR_6KSVk1wo        

 

今後の予定・案件報告

・成木小2学期以降も継続調整中(校長)

・11/22㈰青少年委員企画 半日予定(青梅市青少年委員) ・10/17㈯品川商連の受入(中島)

・2/22㈪都小社研の授業づくり協力(神棒) ・あまがさすコンポストトイレ続編あと2日(マッキー荒井) 9/22㈫秋分の日8:30~予定  

協議案件

会の名前と役員について

身近な森林の活用を考える会(仮)改め「身近な森を活用する会」に決定(人の出入りが多い自由度の高い会でもあり、 何を行っているか分かりやすい名称が良いことより。)

会の役員について ・会長、副会長、会計、書記、総務の役員案が提出され、全会一致で承認された。 また、当会は固定組織ではないので、役員の任期は定めず、必要に応じて変更できることについても、承認された。

上記以外もっとこうしたほうがいいなどありましたら、ご意見ください。 杉並区担当(森守会所属)ご了承済、また特に安全管理担当など「この部分ならサポートできる」等の立候補者をお待ちしております。

今後の会の運営について

・当会は、今後様々な活動が予想されるが、参加は個人の自由意志とし、固定された組織ではなく、ゆるやかな集合体とする。

・会費・会則・役員任期等は定めない。

・活動に対する収入が発生した場合は、必要経費、参加スタッフ謝礼に充当し、都度収支の差額がゼロとなるよう管理・運営する。 その他 ・上智大学のプロジェクトについて(中島)  森林を活用したプロジェクトの公募9/14〆切  役員に内容一任 ・山への注目度はこのコロナで勢いが増しており、しかしその受け皿が足らない状態で人材発掘と育成という使命が、この会にはある。  そこを再度皆さんで確認しスタートさせて行きたい。

 

 

☝森林への期待が高まっている中、「身近な森を活用する会」として再スタ-トしました。

人材の発掘と育成という高邁な意思が継続されることを強く願っております。

                                                    管理人