2015年10月14日水曜日

「全国育樹祭」視察研修れぽ-と (H27.10.10-11)
 今回は、青梅りんけんが都りんけん(東京都林業研究グル-プ連絡協議会)を代表し育樹祭への参加となった。この機会を研修と親睦の機会と捉え、有志を募り総勢9名で育樹祭併催行事である育林技術交流会大会会場(郡上総合文化センタ-)へマイクロバスで向かった。なんとかト-クセッション「五感を震わす森の恵み」に間に合い貴重な研修となった。
 翌日の育樹祭は天候が危ぶまれたが開式までには雨も上がり、全国各地から3千名を超える仲間が集い、心のこもった県を挙げての企画運営を感じさせられた大会となった。


式典の様子
 従来のお手入れ行事は、全国植樹祭において天皇皇后両陛下がお手植え・お手播きされた樹木のお手入れ(施肥・枝打ち等)を育樹祭の儀式として執り行われてきた。
 しかし、今回は昭和天皇と香淳皇后が58年前に植えたスギの傍の木を間伐するにあたり、自ら幹にのこぎりを入れ、その後の作業も見守られた。国民の森林への期待を殿下自らその儀式で間伐(木づかい)で示されたことの意味は深く、持続可能な社会を期待をさせる儀式でもった。
式典では「森林を守り育て、次の世代へ引き継いでいく活動の輪が広がっていくことを切に願います」とあいさつされ、大会会長古田肇知事は「森林を守り育て、活用し、これを次世代へ継承していくという思いを込め、百年先の森づくりに取り組んでいく」と宣言。